施設・設備

体育施設

体育館(2棟)

大谷高校 体育館第一体育館
バスケットコートが2面とれる広さがあります。
第二体育館

【パノラマビューあり】
放課後は、剣道・ハンドボール・バトミントン等のクラブが利用しています。


温水プール

大谷高校 温水プール
室内温水プールなので、1年中気持ちよく利用することができ、プールの時間がとても楽しみです。また、雨や風などの天候によって、水泳の予定が変更になったり、中止になったりすることもなく便利です。


ダンスルーム

大谷高校 ダンスルーム
大きな鏡が2枚あり、自分の姿を映しながら、迫力あるステレオの音に合わせて踊れます。冷暖房完備なので、夏でも快適にレッスンできます。


トレーニングルーム

大谷高校 トレーニングルーム
教室2つ分の広さがあり、フリーウエイトを中心に充実した器具が揃っています。クラブごとの筋力トレーニングを実施しています。


柔道場

大谷高校 柔道場
授業で使用する他、毎週月~土には、kids大谷少年柔道教室が開かれています。


▲ ページトップへ

学習施設

図書館

大谷高校 図書館
【パノラマビューあり】
大谷の図書館は蔵書も多くいろいろな分野ごとにわかりやすく本が置かれています。自習や進路に関する調べ学習などに充分活用してください。


視聴覚室

大谷高校 視聴覚室
視聴覚の授業や、放課後ビデオ教材の鑑賞に使用しています。90名収容可能。防音室なので放課後は軽音楽部や吹奏楽部が練習室として活用しています。また準備室には放送機材が充実しDJルームも設置。放送部が利用しています。


自習室

大谷高校 自習室
毎日、昼休みと放課後に利用できます。各教科の先生が在室し、わからないこともすぐに解決できます。考査前には、たくさんの人が利用します。また長期休み中も開室しています。


情報処理室(2室)

大谷高校 情報処理室
フィルタリングソフトによる安全な利用が可能です。中学の技術科、高校の情報科の授業のほか、調べ学習での活用やマルチメディアクラブの活動に活用しています。第一、第二情報処理室、あわせて90台のコンピュータがあります。


調理室

大谷高校 調理室
ガラス張りの明るい調理室です。食器は衛生面に配慮し、すべて陶・磁器やガラス製。調理の方法だけでなく、食器の扱い方や盛りつけの楽しさも学べます。


試食室

大谷高校 試食室
「食べる」ということを大切に考えて、試食室と調理室とは別のスペースになっています。なごやかな雰囲気で、作った料理を試食することができます。


理科系講義室・実験室

大谷高校 理科系講義室大谷高校 理科系講義室

化学講義室、物理講義室は階段教室となっています。また、生物実験室などは大型テレビモニターとステレオスピーカーを二機配備し、広い室内でも音声と映像の教材を視聴することが可能です。


その他の特別教室

音楽室(2室)、美術室、工作室、書道教室、多目的室(被服室)、和室(茶道などの授業に利用)があります。


▲ ページトップへ

厚生施設

保健室・相談室

大谷中学高等学校 相談室・保健室
常時、養護の先生2名と保健体育の先生、教育相談の先生が待機しています。
※写真は相談室


食堂 

大谷中学高等学校 食堂大谷中学高等学校 コンビニエンスストア
2013年8月にリニューアルオープンしました。メニューも一新、値段もリーズナブル!さらに校内コンビニがオープンいたしました。


フリースペース

大谷中学高等学校 フリースペース
フリースペースは、昼休み時間にお弁当を広げたり、友達と話をしたり、また放課後には先生に質問したり、友達と勉強したりするスペースとしても使っています。東館と西館の各階にあります。中学生も高校生もそれぞれ利用できます。


講堂

大谷中学高等学校 講堂(樹心閣) 樹心閣(じゅしんかく)
ひじかけ付きの青い椅子が整然と並ぶ映画館のような雰囲気。心が落ち着く場所です。エアコン完備で講堂礼拝や行事なども快適に過ごせます。本校の教育理念でもある「樹心」(自己の信念の確立)を名前にもつ神聖な場所です。
入室、退室時に一礼をすることが大谷生の常識となっています。


屋上スペース 【パノラマビューあり】

大谷中学高等学校 屋上スペース
東山から連なり、比叡山を望み、北山、西山、南は伏見方面までを一望できます。三十三間堂や東本願寺、京都タワー、そして東寺が意外に近いことに驚きますよ。大谷が東福寺、京都、七条の各駅からも近い場所にあることを実感できます。


その他

  • セキュリティ
    • 西門・北門に警備員、常駐。
    • 24時間防犯カメラ作動。
    • 職員室と事務室に警報システム設置。
  • IT系インフラ整備
    • 教職員間にグループウェアによる情報共有・連携ツール配備。
    • 保護者との連絡網ツールとして、携帯電話メール一斉配信サービスを利用。