指導体制

中高6ヵ年の流れ

【中学校】


コース・クラスの特長(高等学校)

【高等学校】

■高3 12月からのスケジュール(2015年度実績)

※【センタートレーニング】
年末の2週間と年始の1週間の計3週間で、予備校・出版社のプレテストや先生作成の予想問題などを使って、直前特訓を行います。

※【赤本指導】
センター試験後、国公立大学の志望校が決定するのは1月の下旬、基本的にはそこから3週間、それぞれの大学の入試問題に詳しい教員が、ほぼマンツーマンで入試問題対策指導を行います。過去問に挑戦し、解説・傾向分析・苦手な単元の特訓のほか、本番の予想問題を2人で研究することもあります。国・数・英が中心ですが、社・理は要望があれば行います。国・数・英は継続した取り組みなので、専門の大学を固定していて、校内では「○○大学の数学は△△先生」というふうに定着しています。

■AIゼミ
 本校では、8,9限目の時間に、外部から講師を招聘した校内予備校「AIゼミ」を開講しています。有名予備校の指導経験豊富な講師陣による授業を大谷で受けることができます。一般的に、予備校や塾というのは、生徒が講義のレベルや進度を合わせるものですが、AIゼミでは校内予備校なので、学校での授業や進度に配慮したカリキュラムとなっています。

■校内の至るところで自習ができる、個別指導が受けられる環境があります。

  • 第二自習室
    • パソコン設置、少人数授業もできる多様性自習室
  • 職員室内質問スペース
    • ちょっとした質問ならここで個別指導が受けられる
  • 西館フリースペース(2F~4F)
    • 人通りが多いところだが意外に集中できる
  • 東館フリースペース(2F~5F)
    • 西館より落ち着いた環境という声も。。。
  • 図書館
    • 図書館内の一角にブース型自習スペースがある。WiFi環境完備。PCと本の両方で調べ学習ができます。
  • 放課後の教室
    • 担任の許可を得て教室で自習できます